びよとま

南インド料理とまんがなどについてつれづれ書いています

NovelJam

タロットで振り返るNovelJam参戦記(4)11/19-23

投稿日:2019/12/17 更新日:

11/19 カップの7

何かもっといいプロットができるかも… と、プロット作成し、どれがベストかまようわたし。 考えれば考えるほど深みにはまるのでした……!! そして、30分ごとに 「プロットどうですか?」 の編集さんの圧!

11/20 テンペランス

11/2 15:30 納得できないプロット群をかかえ、編集さんを誘ってファミレスで相談。 「読後感は、〇〇というセリフを入れて、〇〇すればよくなるのでは。それでテーマも消化」 天才編集!!

11/21 スター

編集さんの提案で、 書ける! と、希望を見出すわたし。 書けるのと、面白いものを書けるのは千里の差があるわけですが、まずは何もできていない状況から脱出。 編集に掌をかえしまくるわたし。
心も開く。

11/22 チャリオット

16:30に相談終了、その後、ファミレスで継続して作業開始。 18:00までに6000字(うち2000字くらい書き溜めあり)書きあがり。 ざっくりオチまで書く。 たぶん6割できた感じ。無事巻き返した模様。 会場に戻る。

11/23 コインの8

再度ファミレスに戻り、ざっくり書いたところの修正や整合性(性格、会話の意図など)をとる。 こまごました作業。 しかし、神は細部に宿るので、ハイと疲労のミックスした頭で作業する。

-NovelJam

Copyright© びよとま , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.