南インド料理とまんがなどについてつれづれ書いています

びよとま

アーユルヴェーダ 健康法 旅行 美容

趣味と治療のために、初インド、初アーユルヴェーダ(3)

投稿日:

タイもいつかのんびり滞在したいです

こんなところに〇〇が

f:id:bihakenko:20190519204328j:plain

お寺です

出国は厳しかったものの、入国は緩くて、パスポートと印刷したeチケットを見せて、保安検査をすんなり終えて進みます。

空港の中に、お寺がありました。さすが仏教の国。

 

待ち合わせ準備

f:id:bihakenko:20190519212752j:plain

イメージです。実際はコットンロングパンツで行きました。

ゲートに行く前に、トイレによりました。
トイレの入り口に、全身が映る鏡があります。
全身の写真を撮って、今回行くクリニック宛に私はこんな格好していますと送りました。

到着時の格好を写真にして送る、と、クリニックにはあらかじめ連絡済です。
時差を考えても、まだまだ夕方くらいなので、写真の受け取りには問題ないはずです。これならお互い、間違いなく待ち合わせができると思いました。

こんなことをなぜわざわざしているかというと、クリニックのお向かえのスタッフさんとはコーチン空港で待ち合わせをしているのですが、前に調べたところ、
インドには、旅行会社のふりをして、半ば拉致するかのように到着した客を連れて行く悪質な客引きがある
と読んだからです。21世紀とは思えない犯罪です。

 

なにそれ怖すぎです。

私は英語もできませんし、こんなことされたらもう、詰んでしまいます。財布とパスポートをとられてそこらへんに降ろされたら何もできません。

というわけで待ち合わせを確実にするために写真を送って一安心です。

 

出発待ち3時間の過ごし方

f:id:bihakenko:20190519213215j:plain

スケットダンスと言ったらこの女装した男子による女子会シーンです

 

無事、ゲートに到着。

ゲート番号は1番でした。空港の端まで歩きます。

搭乗まで3時間余り。
スペースは結構満員で、シートがなかなか空いていませんでした。

そこで私は、近くのお店を見てどんなものが売っているのかを見て過ごすことにしました。

 

小さなレストランと、軽食を売ってるお店とお土産屋さんとがあります。

やはり保安検査の後なので、料金がとても高いです。

食事だと240THB位しました。先ほどの食堂だと相場が65-80THBだったので、三倍くらいですね。
この時のレートが1,000->250THBくらいでしたので、千円くらいです。

パンもありましたが、パンが90THB位します。え、めっちゃ高いわ…。

機内食を購入していなかったため、途中で空腹で眠れない!ということになったら困ると思い

ー先ほど食事に加え、ラングドシャに似ているけれどなんかすこししっとりした、おそらく全卵のクッキーも食べていたのですがー

念のため、私は小さなマフィンを35THBで買って食べました。

 

大体そこに3時間ぐらいいたのですが、とても暇だったので、合間にスマホで電子書籍を読んでいました。
久しぶりにスケットダンスを読みましたが、何回読んでも面白いです。忘れたころに読み返すと、全32巻なので、長い時間楽しめます。

 

ドンムアン空港のゲート付近のトイレとは

f:id:bihakenko:20190519205401j:plain

画像はイメージです。そしてゴミ箱がありました。

出発まで30分。
私は、念のためトイレに行くことにしました。

トイレは…あまりきれいとは言いにくいです。
トイレットペーパーがゴミ箱に捨てる式なので、なんか公衆トイレみたいなにおいがします。

保安検査前のトイレのほうがきれいでした。
なぜ…。

また、トイレから出て気が付いたのですが、フロアの端に、ウォーターサーバーがありました。
冷水とお湯と出るようです。

トイレに近い壁にあったこともあり、私はちょっと抵抗があったので(神経質)、使用してはいませんが、見ていると、インド系と思しき方々が、空のペットボトルにお水を入れています。
なるほどね!!
保安検査は空のペットボトルで通って、中で汲むのね!!

私は感心しました。
これは覚えておこう。
旅慣れたら私もいつか応用しよう。
今は外国のお水とか怖いのでやめておこう。

そして、待つこと三時間…だいたい一時間遅れで、飛行機に乗ることになりました。

 

airAsia搭乗

f:id:bihakenko:20190519204858j:plain

冷気を撮ったつもりの写真

さてairAsiaに乗りました。
機内がめっっっちゃくちゃ寒かったです。シートに座って、改めて周りを見ると、なんと冷気が白いモヤ上で見えるではありませんか。

 

私は長袖のトップスに、薄手のパーカーを着ていましたが、あまりに寒いので、追加で持っていたストールを使いました。

 

どのぐらい寒いかと言うと、冷房の効いたJR中央線か、東京メトロ東西線位です。東京メトロ東西線は、寒すぎて体調不良になったくらいです。

毎日のことで耐えられず、一度、お問い合わせ窓口から「車内が寒すぎます。」と、ご意見メールも出しました。

 

改善されたかどうかは?です。

 

半袖だったら風邪をひいているであろう寒さです。

あと、におい…なんか、アポクリン汗腺臭がします…。クミンシードを炒め始めたときのにおいと言ったら伝わるでしょうか。

のどの乾燥除けにマスクを持参していたので、すぐにマスクをしました。

寒い寒いと思いながらも、それでも疲れがあったのか(成田-バンコクが8時間くらいかかったので)、到着まで寝ることができました。

 

次はやっとインドです。

 

 

-アーユルヴェーダ, 健康法, 旅行, 美容

Copyright© びよとま , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.